2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

イオナズンのガイドライン

480 :水先案名無い人:03/03/01 17:07 ID:+BvnzgfE
>>479
そして・・・。

取引先「では提案して頂いたプランについてですが・・・そちらの方は?」
営業A(面接官)「こちらは新人の○○という者です」
営業B(学生)「○○と申します(´∇`)つロ ←名刺」
取引先「イオナズン担当とありますが?」
営業B「はい。イオナズンです。」
取引先「イオナズンとは何のことですか?」
営業B「魔法です。」
取引先「え、魔法?」
営業B「はい。魔法です。敵全員に大ダメージを与えます。」
取引先「・・・で、そのイオナズンは今回のプランにおいて何のメリットがあるとお考えですか?」
営業B「はい。敵が襲って来ても守れます。」
取引先「いや、今回のプランでは誰かが襲ってくるようなことはありません。それに人に危害を加えるのは犯罪ですよね。」
営業B「でも、警察にも勝てますよ。」
取引先「いや、勝つとかそういう問題じゃなくてですね・・・」
営業B「敵全員に100以上与えるんですよ。」
取引先「ふざけないでください。それに100って何ですか。だいたい・・・」
営業B「100ヒットポイントです。HPとも書きます。ヒットポイントというのは・・・」
取引先「聞いてません。帰って下さい。」
営業B「あれあれ?怒らせていいんですか?使いますよ。イオナズン。」
取引先「いいですよ。使って下さい。イオナズンとやらを。それで満足したら帰って下さい。」
営業B「運がよかったな。今日はMPが足りないみたいだ。」
取引先「帰れよ。」

営業A「( だ か ら イ ヤ だ っ た ん だ )」


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)